2014年5月27日に行われたサッカー日本代表キプロス戦で
大きな声援を一身に受けていた本田圭佑選手。

この時すでにの様子について色々と話題が
あがっていたのは記憶に新しいですね。

スポンサーリンク

 

バセドウ病との報道が過熱

6月に入ると、バセドウ病の手術跡ではないかと取沙汰された
首の傷跡の写真がスポーツ紙に続々と取り上げられましたね。

本田圭佑の目は2014年5月の時点でヤバかった!?現在は?

 

本田圭佑選手のがバセドウ病の症状を表している
という説も有りました。

今年1月に手術を行ったのではないかという話が
有力情報として取り上げられていますが、
実際どうなんでしょうか?

 

2014年5月のワールドカップ直前の時点で、
既に判っていたことなんでしょうかね・・。

 

すでにワールドカップ南アフリカ大会から

本田圭佑選手の病気説については前回の南アフリカ大会の時、
既に話題として上っていました。

しかしご本人も否定され続けていましたし、所属チームからも
特別な情報は公開されていませんでしたよね。
本田圭佑 目 2014年5月

恐らくサッカー観戦をしている日本人の多くが安心しきってい
たワールドカップ直前、バセドウ病の話題が一気に沸騰しました。
それだけ注目、期待されていたという証でもありますよね。

 

 

この話題が上った後のご本人の発言で話題になったのが2014年5月
ワールドカップ最終合宿地のフロリダに入った時、
記者から首の手術歴があるのか?という問いに対して「何もない」
と発言した唯一の公式情報です。

少なくとも本田圭佑選手の目の話題が取沙汰され始めたのは
前回南アフリカ大会の頃だったと言えますが、イコール、
代表戦で観戦者に色濃く印象付けたプレーが多く出始めた頃。。

スポンサーリンク

つまり国内の本田圭佑選手の認知度や人気が急激に上がった頃から
という事になります。

 

元々本田圭佑選手のプレーを見てきた人たちの中では力が強い、
ギョロっとしている、左右にが動くといった特徴を元からだ
と言う人が多いようです。

 

ワールドカップが終わった今気になるのはミラン

2014年5月29日フロリダでワールドカップ最終合宿
に入った本田圭佑選手。

ワールドカップ優勝という高すぎるとも言える目標を
目の前にして、一層目力はUPしていましたよね。

 

 

この時すでに首の傷跡は有りましたが何の跡かは
未だご本人からの発表が無いので特定されていません。

ケガ…は考えにくい場所ですので何等か治療をした跡ではある
と思いますがワールドカップではフル参戦していますし、
全ての試合で元気に走り回っていた姿が印象的でした。

本田圭佑 目 現在

 

そのため病気説は否定しきれないものの、プレーに
影響が出るほどではなかったという事でしょう。

 

サッカー選手の引退平均年齢は野球と比べると
かなり低い20代というデータもあるようですので、
28歳になる本田圭佑選手の活躍が見られるのも、
もしかしたらあと数年なのかも知れません。

 

ただ、ACミランとは2013年12月に3年半という
契約を結んでいますし、代表引退といった宣言も
今回ワールドカップではありませんでした。

今後コンディションが回復し、
プレーに好影響を与えてくれることを期待します。

 

スポンサーリンク