サッカー日本代表の本田圭佑選手。
セリエA・ACミランでの活躍不振が話題になっていますが、
海外の反応まとめてみました。

スポンサーリンク

 

ついにミランへ!

本田圭佑さんは2013年にイタリアセリエA・ACミランへの
移籍が発表され、背番号は「10番」に決まりました。

本田圭佑の海外の反応をまとめ!イタリアとブラジルでの評価は?

当時のイタリア紙、コリオレ・デッロ・スポルトでは
「ミランで確実に成功する」と大々的に本田圭佑選手を
掲載していました。

 

また、イタリア現地メディアでは
「本田選手はミランで確実に成功する」
「真面目でプロ意識が高い」
「日本代表のリーダーでクオリティーが高い」
「攻撃も守備もできる柔軟な選手」
など、絶賛の嵐でした。

 

 

結果の残せないACミランにとっては
救世主ともいえる存在だったのでしょう。

 

イタリアでの評価の変化

本田圭佑選手も移籍会見ではお決まりのビッグマウスで
自信たっぷりと抱負を語られていましたよね。

ACミランデビュー直後の本田選手の評価は
まずまずと言ったところ。

本田圭佑 海外の反応 まとめ

 

現地のメディアでは
「本田選手が投入されたことで、ミランの悪い流れが変わった」
「なかなか良いパフォーマンスだった」
との反応が多かったようです。
なかなかの高評価ですね。

 

 

しかし、その後本田圭佑さんは思うように結果を残せていません。
2試合目では早くも
「スタミナ不足ではないか」
との声があがり・・。

 

3試合目では
「金髪だけで何もない火星人だ」
とサッカーに関係ない批判まで出てきます。

スポンサーリンク

その後は途中出場やベンチにいることが
多くなってきた本田圭佑選手。

「もっと闘争心を期待していた」
「10番の選手がこれじゃあダメだ」
「なんで最後に本田選手を投入したのか理解できない」
「本田選手は今すぐにユニフォームから10番を消せ」
「かなり失望してしまった」
「わくわくしたのは最初の2試合だけだった」
「スピードが遅すぎる」

と、もう酷評の嵐でした。

 

ミランサポーターの反応は?

そして、一部のACミランサポーターからは、
セードルフ監督の采配にも問題があるのではないか、
とも言われています。

 

今までトップ下で活躍していた本田圭佑選手。
右サイドでの起用が多いので、それがうまく
結果に出ていない理由なのでは?
という声もあるそうです。

 

つまり、本田圭佑さんが活躍できる機会を
セードルフ監督がつぶしてしまっているんですね。

 

意外にも韓国は・・

また、このような現状に、韓国での反応は
「人種差別がひどい」
「結果を残さないと韓国人もこれから進出できなくなる」
「チーム自体がかなり崖っぷちでは?」
「本田選手一人で解決できることではない」

など、国によって海外の反応も様々なようです。

本田圭佑 海外の反応 評価

 

 

本田圭佑選手自身も結果を残せなくて
「チームのために全力を尽くす。申し訳ない。」
と言っています。
そして、チーム全体が不調なのが
本田選手の酷評をさらに加速させているのではないかと思います。

 

 

一方で、本田圭佑選手のプレーを評価している人もいるそうです。
「優れた才能を持っているのにそれを生かせていない」
「トップ下なら彼は素晴らしい活躍をするはずだ」
と一部ACミランのサポーターからは少なからず期待の声が
あがっているようです。

以上、海外の反応まとめてみました。

 

結果が全ての世界なので、今の現状に本田圭佑選手も
かなりプレッシャーを感じていることでしょう。

これからACミランで結果を残して、
ぜひ酷評を覆してほしいですね!

 

スポンサーリンク